【仙台】皮膚科でのワキ黒ずみ・色素沈着治療

MENU

【仙台】皮膚科でのワキ黒ずみ・色素沈着治療

共立美容外科 仙台院

宮城県仙台市宮城野区榴岡2-1-20 HPビル4F

 

 

※皮膚科・クリニックの情報は随時更新しています。また、掲載している皮膚科・クリニックの情報は当サイト管理人がgoogle検索の情報を元にまとめたものです。情報の正確を心がけていますが、詳細はクリニックへお問い合わせください。

脇の黒ずみを治療できる皮膚科一覧【都道府県別】

東京都内 神奈川県 横浜 神奈川県 川崎 埼玉県 さいたま
大阪 京都 神戸 名古屋
広島 福岡 札幌 仙台

脇の黒ずみの原因はメラニン色素と角質肥厚

ワキが黒ずむ原因には二通りの理由があります。
一つはメラニン色素の沈着によるもの、もう一つは皮脂や古い角質が残って毛穴が詰まった状態になることです。
メラニン色素が沈着する理由の一番大きなものは、脇のムダ毛の自己処理です。つい手軽にやってしまう脇の自己処理ですが、これが黒ずみを生んでしまうのです。
肌にはバリア機能と言うものがあり、外からの刺激が加わると肌を守ろうとして、肌の奥にあるメラノサイトに指令が伝わり、メラニン色素が生まれます。通常は紫外線などからお肌を守る為に発生するメラニン色素ですが、カミソリやワックスまた毛抜きで抜くムダ毛処理が刺激となってメラニン色素を多く生成してしまい黒ずみにつながります。一度沈着してしまうと解消しにくいのがメラニン色素による黒ずみです。
もう一つに理由である皮脂や角質が硬くなることや毛穴のつまりは、夏になると使うことも多い制汗剤などの影響も考えられます。洋服が擦れたり脇の皮膚同士が擦れる事でもその刺激により角質を硬くしてしまうのです。
脇はもともと汗や皮脂の分泌が盛んな場所で、それを抑えようと何度も制汗剤を塗ってしまうと成分が残ってしまい、毛穴に詰まることで角質を固くしてしまうのです。黒ずみを解消しようとしてクリームなどを塗り過ぎることも刺激が大きくなり、また毛穴のつまリにもつながる為、黒ずみを繰り返すことにもなります。
黒ずみ解消にはムダ毛の自己処理をやめる事と、黒ずみ解消のクリームなどを使用する際には用法・容量を守り塗り過ぎないようにすること、汗をこまめに拭いて清潔にすることが大切です。

【仙台】皮膚科でのワキ黒ずみ・色素沈着治療関連ページ

東京都内
東京都内でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。(渋谷・銀座等)
横浜
横浜でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
川崎
川崎でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
埼玉
さいたまでワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
大阪
大阪でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
京都
京都でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
神戸
神戸でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
名古屋
名古屋でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
広島
広島でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
福岡
福岡でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
札幌
札幌でワキの黒ずみ治療(色素沈着)のできる皮膚科をまとめています。
ワキの黒ずみ 色素沈着が原因の場合
ワキの毛穴・毛根部分がボツボツ黒ずむ場合